新築祝いのお返し

新築祝いのお返し

会社の先輩や仲の良い友人等、新築お披露目会や新築へ招待した際に新築祝いをいただいたら
もらいっぱなしではなく、ちゃんとお返しをするようにしましょう。
そこで気になるのがお返しの相場です。
一般的なお返しの相場や、どんなものをお返しとして贈ればよいかをまとめてみました。

 

 

お披露目会に招待しておもてなしをした場合、
新築を披露しおもてなしをしたことで内祝いとなり、お返しとしては十分となりますが、
それだけでは何となく足りないと考えてしまうものです。
特に高額のお祝いをいただいた場合や、わざわざ遠方から足を運んでもらった場合は、
何かお返しを、と考える人も多いでしょう。

 

 

そういった場合は、新築祝いの3分の1から半額ほどの金額を目安にした形に残るものを内祝いを
選ぶと良いとされています。
形に残るもの、なのでギフト券や商品券などはふさわしくありませんので避けましょう。

 

お返しには「入れるもの」が一般的に贈られています。
入れるもの例として、茶器やグラス、小物入れなどが当てはまります。
最近では茶器などにこだわらず、使い勝手の面を考慮して、タオルセットや洗剤セットなどを
選ぶ人も増えてきているようです。
デパートやネットなどで色々な内祝いの品が売られていますので、相手のことを考えながら選ぶと
良いでしょう。
また、高額のものや多くの現金をいただいた場合には、カタログギフトなども選ばれています。
相手方が好きなものを選べる点が好評のようです。
いただいた金額や相手の好みををふまえ、何がよいか自分なりにアレンジしてみてはどうでしょうか。
ただし、あまり高額なお返しは相手に気を使わせてしまうので控えましょう。

 

 

お返しを贈る場合、新築祝いの時と同様に新築後1ヶ月〜2ヶ月以内を目安に贈るようにしましょう。

 

→ 新築祝いガイド|新築祝いの贈り方をわかりやすく教えます